プロフィール

オーベルジュ古町 シェフ 安川 隆

1962年生まれ、新潟県出身。

上越国際グリーンプラザホテルで働き始め、東京都内のレストラン、新潟グランドホテル等、数件のレストランで働いた後、二十九歳で渡仏。「ル・ピラート」一つ星、「ル・タストヴァン」二つ星、等で働いた後、帰国。オーベルジュ古町でスー・シェフとして迎えられ、三十五歳で現職場のシェフとなる。

帰国後、フランス食品振興会(ソペクサ;SOPEXA)主催の全国料理コンクール、東京地区代表戦進出。
2002年の正月のテレビ特番、“料理の鉄人コンクール”にて全国から約300名エントリーの中からの30名に選出され、TV出演。

現在、新潟市内を中心としたホテルやレストランのシェフたちで作るフランス料理研究会、“クラブ・デ・シェルシェ”四代目の会長に就任。新潟で活躍する料理人たちの情報交換と若手育成を目的とした活動を続けています。

クラブ・デ・シェルシェの活動について


“クラブ・デ・シェルシェ”とは、新潟市内を中心としたホテルやレストランのシェフたちで作る非営利の団体で、新潟で活躍する料理人たちのフランス料理研究会です。
若手育成を目的としたコンクールを開催したり、料理講習会等開催して技術の向上、研鑽を目的とした活動を続けています。

シェフシェフ 安川 隆
にいがたのフランス料理コンクールフランス料理コンクール

TV

BSN「まちかど、いってみずほ」
に紹介されました。他、多数

マガジン

「マップル・マガジン新潟・佐渡2007」昭文社
「ことりっぷ 新潟・佐渡」昭文社
「東北じゃらん」2009.8月号
「新潟 上等なランチ」メイツ出版
「別冊旅の手帖・新潟」交通新聞社
「オレンジページ」10/17号
他、多数